歯科のでホワイトニング

歯科でのホワイトニングは、審美歯科を扱うクリニックで行われており、市販される関連アイテムよりも、漂白効果の高い薬剤及び施術方法が採用されています。その為、自分でホワイトニング効果のある歯磨き粉や研磨剤などを用いた場合に比べ、より確実にまた早く憧れの白い歯を手に入れることが可能です。そして、ホワイトニングも含め審美歯科で扱う診療は、通常治療ではなく、歯と口元の見た目のキレイさまた機能性を追求するものであることから、自由診療となっています。


審美歯科には3つのホワイトニング方法

審美歯科で行うホワイトニングには、一般的に3つの方法が用意されています。まず1つ目にはオフィスホワイトニングがあり、これはクリニック内で専用の薬剤を塗布し、その上からレーザー等光を照射する施術方法となっています。そして2つ目にはホームホワイトニングがあり、これは始めにマウスピースを作成し、後は自宅にて自分でその中に薬剤を注入し、1日2時間程度装着で目標とする白さにまで続けることができます。また3つ目には、オフィスとホームを組み合わせたデュアルホワイトニングがあります。


歯科でのホワイトニングの効果

審美歯科でのホワイトニング効果は、着色汚れの程度や歯質等により個人差はありますが、その施術方法別で特徴があります。まずオフィスでは、漂白効果の高い専用薬剤が用いられ、光の照射との相乗効果により、1度施術を受けただけでも実感できる程の高い効果とある程度の即効性を有しています。そして、ホームでは一般の方でも安全に利用できるよう配慮し、クリニック内で使用する薬剤よりも穏やかな薬剤が用いられてます。その為、オフィスに比べ時間は掛るものの徐々に白くして行く方法である為、色の後戻りが少ない特徴があります。また、デュアルは特に即効性が高い点で特徴があり、憧れの歯を今直ぐに手に入れることが可能です。



金属アレルギーがある人であっても、セレック治療であれば何ら問題はありません。耐久性も高いので、非常に人気となっています。