一回法と二回法のメリットとデメリットは?

インプラントの治療を行う場合、一回法と二回法があります。一回法はその名の通り一回手術を行う方法の事を言うんですよ。一回のみ切開を行う方法で、体の負担も少なく短い手術時間で済むのが魅力です。ただ感染リスクがあったり埋め込む顎がしっかりしていないと手術が出来なかったりするので、その点が難点と言えますよね。二回法は二回切開を行うため体への負担が大きかったり、時間がかかってしまうのが難点です。ただ感染のリスクが低いうえ、いろいろなケースに対応できるといった点がメリットと言えます。そのためどちらの方法が自分には合っているのか、しっかり医師と相談してから手術を受けることをお勧めします。


インプラントの種類は?

インプラントには「2ピースタイプ」と「1ピースタイプ」のものがあるんですよ。2ピースタイプのものはインプラントとアバットメントを結合して使うタイプのもので、一回法も二回法もどちらのタイプでも使うことが出来るんです。それに対し1ピースタイプのものはインプラントとアバットメントがすでにくっついている物の事で、一回法のみで使うことが出来るんですよ。また1ピースタイプのものはアバットメントがすでにくっついている分歯茎を切開をする必要がないので、負担も最小限に抑えることが出来ます。


インプラントは金属アレルギーの人も利用可能!

インプラント治療に興味があるけれど、金属アレルギーがあるから諦めているという人も中にはいるのではないでしょうか。でもインプラントに使われている素材には生体親和性が高い「チタン」が使われているんですよ。チタンは人の身体にも入れる人工関節などにも使われており、アレルギーを起こす確率もかなり低いです。そのため金属アレルギーの人でも問題なく使うことが出来るんですよ。ただどうしても心配という人は、医師に相談のうえ施術を受けることをお勧めします。



杉並区で行うインプラントは、豊富な実績を誇るクリニックにおいて高品質な治療を受けられるため、優れた仕上がりを目指せます。