針脱毛(電気脱毛)からの解放

ひと昔前まで、永久脱毛の方法と言えば針脱毛でした。これは針を毛穴のひとつひとつに差し込んで電流を流し、毛根を焼き切るというもので、手間暇がかかる上に痛みが強く、出血することもある、ちょっとこわい方法でした。時間も人手もかかるので費用も高額で、敷居が高かったようです。1998年頃から普及が進んできたレーザー脱毛は画期的なものでした。一定面積が一度に脱毛できるので、時間も手間も省けて低価格で永久脱毛ができるようになったのです。


効果は針脱毛の方が高いとされる理由

効果は針脱毛の方が高いと言われていますね。それはいたしかたがない面があるようです。レーザー脱毛では、成長期の毛にしか効果が発揮できません。成長期というのは、数か月おきに訪れるわけで、体表に出ている毛がみな成長期の毛というわけでもないので、レーザーを照射したにもかかわらず、毛根が破壊できずにまた生えてくる毛というのが、針脱毛よりは多くなります。毛周期の成長期、退行期、休止期のうちの成長期だけに照射できればいいのですが、なかなかそうもいきません。


費用も時間も節約できる

レーザー脱毛で永久脱毛を完成させるには、数か月おきに通い続けることです。針脱毛に通う回数より少なくて済むことは確かでしょう。針脱毛だと一回に施術できる毛穴が限られます。毛穴ひとつひとつに針を刺して通電させるわけですから。人件費も相当かかるでしょうね。レーザー装置の性能は日進月歩でアップしていると言います。施術時間はますます短時間で済むようになりそうです。科学技術の進歩ってすごいですね。まだ十数年の歴史しかない方法ですが、評価は定まりつつあるようです。



腕や脚、脇といった毛の処理を行うのは女性にとって必要不可欠なことですが、医療脱毛を新宿で行うことによって毛の処理が楽になります。