まずは永久脱毛の定義から整理しよう

永久脱毛という言葉は有名ですが、実際どういったものが永久脱毛に該当するのかはあまり知られていません。実は、永久脱毛は病院でしかしてもらうことができないものなのです。エステサロンででもできると勘違いしている人が非常に多いです。永久脱毛は、毛根やバルジ領域をレーザーや電気で破壊することによって、毛が生えてこなくさせることを指します。完全に組織を破壊することは、医療行為に当たるので、病院でしかすることができないわけです。


永久脱毛と減毛の違いは理解しておくべし

では、エステサロンでやってもらうことのできる脱毛は何になるのでしょうか。これは、永久脱毛ではなくて減毛と呼びます。完全に組織を破壊するわけではないので、絶対に毛が生えてこなくなるという保証はありません。むしろ生えてこなければおかしいわけです。ただ、レーザーを照射して毛根やバルジ領域にダメージを与える点は病院でやってもらえる治療と同じです。ただ、レーザーの出力の差があるだけです。減毛でも、もちろん無駄毛処理の手間は省けます。


永久脱毛ができる場所はどこか

永久脱毛と謳うことができるのは病院だけです。病院は病院でも、美容皮膚科などで永久脱毛はしてもらえます。エステサロンと違って、資格を持った医師の先生と看護師さんが担当をしてくれるので安心感があります。痛みが酷い場合には麻酔もしてもらえるのが病院のメリットでしょう。ただ最近は、痛みをほとんど感じなくていいレーザー脱毛が普及し始めています。痛みの少ないタイプのレーザー脱毛なら、VIOラインのような敏感な部分にも使えるので最高ですね。



医療脱毛をしたいと考えている人は医療脱毛を東京で行うことができます。医療脱毛をすれば、毛の処理が非常に楽になります。