胸が固くなる理由を知ろう

ぷるぷる柔らかい胸は、女性の憧れ。胸が小さい、固いと諦めていませんか?胸が固くなるのは、遺伝ではありません。原因の1つは、胸の一部(脇に近いところ)が筋肉にはりついて固まっていることです。これは胸を平坦に伸ばし、小さく見せてしまう一因にもなります。また、胸は身体から突出しているぶん、冷えやすい部位です。そのため血流が悪くなるのも、胸を固くする原因となります。さらには、締め付ける下着をつけたり、猫背になったりというのも、胸の固さにつながります。


胸を柔らかくするストレッチ

まず大切なのは、胸をリラックスさせること。肩、首、鎖骨のあたりを優しくマッサージして、溜まった老廃物を排出しましょう。胸の大きさや固さは、肩甲骨や肋骨の周囲の筋肉と関わっています。ここをマッサージして筋肉をほぐすことで、血流を良くして胸を開きます。また筋肉に張り付いた胸を剥がすことで、バストアップにもつながります。さらに、腹式呼吸で深呼吸することもポイントです。肺を大きく動かし、胸を開放するとともに交感神経をリラックスさせましょう。


ブラも使い分けよう!

昼間はブラで胸を支え、形を整えていても、夜には締め付けが嫌でついついブラを外してしまいがちではないでしょうか。身体が胸を支えるには、実はかなりの負担がかかっています。夜もブラをつけることで、身体への負担を減らしましょう。ただし昼間よりも締め付けの少ないものを選ぶことがポイントです。特に脇やデコルテの締め付けを減らし、アンダーバストだけを支えるものにします。ナイトブラなど、専用の下着がおすすめです。



胸を大きくしたいのなら、リンパマッサージや、おっぱいマッサージがおすすめです。形も良くなりきれいな胸になります。