しわの本当の原因とは

しわは乾燥によりできると思われがちですが、実は真皮内部のコラーゲンやエラスチンの変性・減少することが主な原因です。しわの1段階目は、浅く細かい小じわから始まります。この小じわの場合は乾燥が原因なので、セラミド配合の保湿美容液で角質に水分を与えることにより解消します。ただし保湿をしっかり行っても解消しない場合は、すでに小じわを通り越して表情じわや真皮のしわに発展していると考えられます。ここまで進行すると真皮内部でコラーゲン線維が変性したり断裂しているので、保湿をしても、コラーゲンサプリなどを取ってもあまり効果がありません・


表情ジワから深く刻まれた真皮のシワに進行するまで

肌の弾力があるのは、コラーゲン線維のおかげです。ところが年齢とともに弾力を失って、コラーゲン線維の量自体も減っていきます。そのため表情を戻せば戻っていた表情じわが、だんだんと元に戻らなくなってしまうになります。コラーゲンが減少することにより真皮が薄くなってしまい、シワができやすい環境が整います。こうした過程を踏み深く刻まれた真皮のシワまで発展してしまったら、セルフケアだけでは消すことは困難です。真皮のシワになるのを遅らせるには正しいアンチエイジングケアが必要になります。


肌を活性化させるアンチエイジングケア

シワの要因の一つに、代謝の悪さがあります。まずはしっかり保湿を行い角質を柔らかい状態に保つようにしましょう。代謝が悪くなってしまった肌には、マッサージが効果的です。肌全体の血液循環を良くして、皮膚を作る表皮細胞などを活性化させることができるため、アンチエイジング効果が期待できます。ただし真皮のシワまで進行すると改善は難しいので早めのケアが大切です。コラーゲン線維の変性は、年齢によるものだけではなく日々浴びる紫外線が大きな影響を及ぼします。しっかりUVケアを行い、レチノールやビタミンC誘導体などのコラーゲンの量を増やす成分が配合された化粧品を取り入れるとよいでしょう。



しわとは、体の皮膚をはじめとした物体が歪んでいる状況を指します。重力など、何らかの圧力が物体にかけられた時、その方向によれてしまった時にあらわれます。